ねことらうさぎ

アート、植物、散歩、猫、パン、遠距離介護の合間にあれこれの日々を書いていきます。

MENU

オッタチカタバミのハートの葉っぱは昼に開く

 

先日、描いたカタバミの絵、

描いている時からナンカ変だな。。。

と思っていたところ、

葉っぱが下を向いているということに気がつきました。

今頃?って笑われそうですね。。。

 

 

nekotorausagi.com

 

 

次の日の昼間にふと見たところ、

ちゃんと葉っぱが開いていたので、

な〜んだ、カタバミの葉っぱは昼夜で開閉するんだ。。。と、

ここでやっと気がついたというわけです。

情けないことですが。。。

 

そういえば先日、描いたのは、

夕方だったからか。。。と納得。

 

 

しかも、

正確にいうと、

これはカタバミ。。。

ではなく、

オッタチカタバミという

米原産の外来種だということも

あとで調べてみて分かったのです。

 

 

地をはうように横に伸びて生えているのが

日本種のカタバミで、

縦に伸びて生えているのがオッタチカタバミとのこと。

他にも細かい違いが、いろいろあるそうです。

 

ぼんやりと日々を過ごしているのか、

まったくもって知らず気づかずで、

本当にお恥ずかしい限りです。

 

「草取り命」の母が、

昔から抜きにくいと嘆いていたのは、

地を這うように生えていたカタバミでした。

実が弾けて何処ででも生えてくる

といって目の敵にしていたのが頭に焼きついています。

 

そういえば気がつくといつからか、

上に伸びて生えているオッタチカタバミが多くなったような気がするのです。

抜く分には、たやすくて都合がいいのですが、

日本種のカタバミが少なくなってるとのか思うと

ガンバレ。。。と応援したくなるという。。。

コレまた身勝手というか、

ヒトって面白いですよね。

 

ア、でもでも、

そんな身勝手なのはワタシだけですネ。

失礼しました!

 

 

ちなみに花言葉は同じで「輝くこころ」

他には北米種らしく、

「ハレルヤ」つまり「喜び」

というのもあるそうですよ。

 

 

 

そういうわけで、

もう一度、

昼間のオッタチカタバミとして、

ハート型の可愛らしい

葉っぱが開いた姿を描いてみました。

 

 

オッタチカタバミさん、

これで「OK」ですかね〜?

 

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

カタバミの花言葉は輝くこころ。。。梅雨時期の変わったリフレッシュ法?

 

キュキュッとね!

あなたの気分が雲でおおわれたら

あなたのまわりも雲で見えなくなってる

アタシの葉っぱで磨いてみて

ピッカピカに気分が晴れるからサァ

そしたら

まわりの景色もピッカピカ

ねぇ

そうしたもんだって!

 

 

******************

 

 

。。。な〜んて、

もしもカタバミがお喋りできるとしたら

こんなふうに励ましてくれるかもしれませんよ?

 

 

どんよりジトジト。。。

梅雨で曇りや雨が続いたりすると、

つい嫌〜なことを思い出したりして

なんとなく気分が重くなってしまうこの季節。

 

ワタシって価値がない。。。とか、

世界一ダメダメだ〜。。。とか。

 

どうあがいても浮上できない。。。

 

そんな時の

気分を変える最終手段として、

想像力を使った遊び心いっぱいの

こんな方法をやってみるのもありかも。

 

湧いてきた嫌〜な気分を、

イマジネーションでピカピカに磨いてみる。。。

 

実際に手やタオルで拭きとる仕草をしてもいいのかも。

最後はタオルをギューッと絞ってみたりして。

せっかくなので想像で

カタバミの葉っぱを使ってみましょうか?

 

 

うふふ。。。

。。。どうでしょう?

 

 

 

カタバミ花言葉は「輝くこころ」

 

 

カタバミの葉にはシュウ酸が含まれているので、

かつて真鍮の仏具や鉄製の鏡などを

カタバミの葉っぱでピカピカに磨いたことからこの花言葉がついた。。。

といわれているそうです。

 

 

庭の隅っこや

道端や

あちらこちらで

抜いても抜いても繁殖力が旺盛の

あたりまえの雑草

カタバミ

 

そんな風にお喋りしてるのを想像したら

クスッと笑えて

気分もピカッと輝きだすかも。。。

 

抜かれてばかりだけど

アタシ達も役に立ちたいのよ。。。ってね!

 

 

そんな思いを込めて

カタバミを描いてみました!

 

 

梅雨時期の気分が少しでも

リフレッシュされるといいですよね。

 

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

山に囲まれた古民家のお蕎麦屋で人の想いに触れ

 

もしも今

自分がこの世界からいなくなってしまったとして

家族以外のだれかから

自分を思い出して泣いてもらえるような

そんな生き方を

自分はしているのだろうか。。。

 

 

******************

 

*実家滞在が長くなったわけ*

今週初に実家から戻ってきました。

 

今回は実家での滞在が2週間となってしまいました。

おかげで帰ってきた時に

ネコのきなこが超ご機嫌ナナメ。

たった数日なのにわかるのでしょうか?

偶然かもですが面白いネコです。。。

 

もともと先月はシフトの日数が姉妹全員13日と

いつもより長い予定でした。

そこに「菩提寺に行く」という予定が加わったのです。

 

今後の実家のことで

長女と一緒に相談にいこうと急に決まり、

彼女が帰省する翌日と

菩提寺のご都合とが合ったのでその日に伺い、

予定より一日のばした次の日に

埼玉の自宅に帰ってきました。

 

 

菩提寺でのことは

またの機会にお話しできればと思います。

 

 

*古民家のお蕎麦屋

さて、

菩提寺に伺ったのは午前中で、

その日は母もデイサービスの日でいなかったので、

姉と久しぶりにランチを食べに行こう

ということになりました。

 

そこで姉が候補にあげたのが、

自宅から車で20分で行ける

山の上にある美味しいと評判のお蕎麦屋さん。

 

ここは母方の2年前に亡くなった元料理人の義伯父の

知り合いがされているお店とか。

姉が義伯父の葬儀の時に

いとこから教えてもらっていたそうです。

 

 

*森を抜けた先*

そのお店に行くには

幹線道路から脇道にはいって次第に、

車が一台やっと通れるほどの細い山道を進んでいきます。

 

左右は木々で薄暗く、

ウネウネと曲がりくねり、

こちらの気持ちまで心細くなっていくような道を

どのくらい走ったでしょうか?

 

森を抜けて山の上まで辿りついたところに

やっと蕎麦屋の看板が見えてきたときはホッとしました。

 

周囲を山に囲まれ

見晴らしのいい山頂にたつ古民家。

それが目的の蕎麦屋です。

眼下には田畑や民家が点在していますが、

ひとの姿もなく、とても静か。

鳥の鳴き声だけが山や谷に響き渡っています。

 

周囲の静けさとは反対に

その蕎麦屋はお客でにぎわっていました。

お店の中には靴をぬいで座敷に上がったイス席と、

外には簡易な屋根のあるテラス席がありました。

 

混んでいたので

順番が来るのを待ちながら、

お店の方がお客さんの洋服の色に感心したり、

ていねいにお品書きの説明をしたり、

常連客と親しげに話すようすを眺めていました。

 

しばらくして呼ばれたので、

私たちは外のテラス席を選んですわりました。

 

長女は子持ちやりいかの天ぷらとざるそば、

私は鱧とマイタケの天ぷらにざるそば。

蕎麦の味はもちろんですが、

天ぷらが食べ応えのある量と大きさでサクサク。

あまりにも美味しくて、

つい写真を撮るのを忘れてしまいました。

 

 

*思いに触れて*

お店の方がお茶のおかわりを持ってこられたタイミングで、

長女が義伯父のことを尋ねました。

 

「義伯父とこちらの店主の方がお知り合いと聞きまして。。。」

「そうですか、なんとおっしゃるんでしょう?」

「○○○○といいます。2年前に突然、事故で亡くなりまして。いとこからこちらを聞きまして。。。いつか伺いたいと思っていました」

「はぁ~そうですか。ありがとうございます。主人にきいてみます」

 

店主の奥様だったようですが、あまり反応がなかったので、

それほどのお付き合いではなかったかなと思いました。

 

 

 

食事をすませお会計をするときでした。

 

おつりを私に渡しながら店主の奥様が、

「本当に突然で。。。思い出して。。。あまりにもツライです」

とおっしゃって下さったので私も、

「急なことだったので私たちも。。。」

。。。といいながら、その奥様のお顔をみたときにハッとしました。

 

目に涙をいっぱい溜めておられたのです。

 

そして、

 

「きっと今日は主人の横に立って

“そのやり方は違うで”って言ってくれてるんじゃないかと思います」

 

私も、

 

「義伯父もきっと私たちと今日、いっしょに美味しくお蕎麦をいただいてたと思います」

 

グッとくるのを抑えながら、

やっとの思いで伝え、お礼をいって店を出ました。

 

 

帰途につきながら、

義伯父がお蕎麦屋の厨房に立って

嬉しそうに店主がお蕎麦をゆでるのを見ている姿を思い浮かべました。

 

そして

生前の義伯父の生き方や人との関わり方を思い出して、

自分と重ねていたのです。

 

 

丁寧に。。。

誠実に。。。

 

生きる姿勢を

教えてもらえたような

そんな静かで大切な一日になりました。

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ママが帰ってこない。。。

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

ハロ〜。。。。

 

アタシ。。。このうちのムスメやってる。。。きなこ。。。

 

久しぶり〜。。。なんだけどさぁ〜。。。

 

な〜んかさぁ〜。。。

 

元気がでないのぉ〜。。。

 

 

 

 

。。。ママが。。。

 

まだ帰ってこないの。。。

 

 

もう、そろそろ、

いつもだったら帰ってくるはずなんだけどぉ。。。

 

おばあちゃん家から。。。

 

帰ってこないのぉ。。。

 

 

 

それに

 

パパも最近、

ひるま家にいないし

帰りも夜遅いし。。。

 

お仕事なんだってさぁ〜

 

前はおうちでお仕事してたじゃない?

どゆこと?

 

 

 

アタシ

一人ぼっちなのぉ〜。。。

 

 

 

くすん、くすん、くすん、

 

もう〜泣いちゃうんだからぁぁ〜〜〜。。。

 

 

最後まできいてくれてアリガトー!

ま、またねぇ〜(ToT)/~~~

注意が足らなくて残念だったこと幸いだったこと

先週より瀬戸内地方の実家に介護帰省中です。

 

前回の続きです。

 

母の親指の全体の腫れは

ドクダミ湿布で何とかとれたものの、

一部分だけ奥に芯があるような痛みとシコリが残っていました。

 

 

forest-river.hatenablog.com

 

 

3ヶ月に一度、

母の薬をもらいにかかりつけの病院に通っているのですが、

次の日がその薬をもらいに受診する日だったので、

ついでに母の指も診てもらおうと皮膚科も受診したのです。

 

結局のところトゲが刺さって奥深く入り込んでしまったようで、

切開したところで多分、

取れないだろうと医者にいわれました。

とりあえず抗生剤をもらって様子をみることになったのです。

 

薬を飲んで数日たち、

おかげで部分的な腫れもひいてきました。

トゲが刺さった痛みは相変わらずあるようですが、

それも自然になくなるまで放っておくしかありません。

時々、トゲが刺さった所に触れると

痛いいたい。。。といいますが、

ボタンが付けられないということはなくなりました。

 

それよりも皮膚科で診てもらった経緯を、

姉たちにLINEしたところ、

長女から

そういえば私がいるころから痛がってたわ〜。。。

と呑気な返事が返ってきました。

つまり3週間、放置しておいたということに。

 

母の状況を伝えると

😱

の絵文字

 

長女のあとに帰省した次女も、

まったく気にしてなかったようです。

 

たまたま私の帰省したころに腫れがひどくなった、

というタイミングだとは思うのですが、

つくづく認知症の高齢者に対しては

どんなことに対しても注意が必要だなぁ。。。

と思ったのでした。

 

 

ところで、注意が足らないという意味では、

今回、帰省して初めて大きなスズメバチの巣が

倉庫の軒下に作られているのを発見したのです。

 

あわてて駆除業者に連絡したところ、

 

その大きさだと多分、昨年の巣ではないか。

蜂は夕方に巣に戻ってくるので、

夕方ごろ蜂が巣のまわりを飛んでいるか観察してみて下さい。

 

といわれたので観察したところ一匹も飛んでおらず、

やはり昨年の巣だとわかったのです。

 

 

 

こんな大きな巣、

昨年なんてまったく気がつきませんでした。

この倉庫の反対側は洗濯物干し場で

その奥は台所です。

倉庫の前ではよく母が草取りをしています。

 

気がつかないでノホホ〜ンと暮らしていたのかと思うと、

いま考えるとゾーッとします。

誰も刺されなくて本当によかった。

ただただラッキーとしかいいようがありません。

 

でもでも

スズメバチさん達にとってみれば、

私たちに見つからなくて

ラッキーだったかもしれないってことだけは

確かですよね〜!

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

祖母直伝?和ハーブの王様ドクダミ、実家流の使い方とは

 

 

今週はじめより埼玉から瀬戸内地方の実家に介護帰省中です。

 

 

ガーデニング好きな方にとって

雑草というのは厄介きわまりないものですよね?

 

その中でも特に嫌われているのがドクダミなのかもしれません。

ドクダミを検索してみると一番上に出てくるのがなんと、

 

ドクダミ 駆除

 

 

しかも駆除したあとも、

あの匂いがイヤ。。。という人も多いかも。

 

活用してもお茶くらい?

いやいやお茶なんて罰ゲームでしょ!

いろんな声が聞こえてきそうです。

 

ドクダミは昔、

十薬といわれていたくらい

いろいろな症状にいいと重宝されていたようです。

 

内服薬として胃腸病、利尿、便秘、下痢、食あたりに、

外用薬として吹き出物、腫れ物、皮膚病などに、

また毛細血管を強化するので、

高血圧、動脈硬化の予防にもいいとか。(Wikipedia より参照)

 

 

 

 

さて、ここ実家の庭でも

あちらこちらで只今ドクダミの白い花が絶賛満開中です。

 

子どもの頃はたしかに私も

あの独特のにおいが苦手で、

咲いている横を通るだけでにおってくるので、

遠回りしていたほどでした。

 

しかも一緒に住んでいた祖母が、

ときどきドクダミをまっ黒に煎じたりして、

それを子どもの私にも飲めと。。。

それこそ罰ゲームですかー?

と叫んでたような叫ばなかったような。。。

 

 

今も毎日、

今年で90歳になる要介護2の母は

変わらずセッセと庭の草取りをしているのですが、

でも不思議とドクダミは抜かないんですよね。。。

 

母に聞いてみたところ、

ドクダミは薬になるから抜かない。。。

とか。

昔はどの家でも最初はわざわざドクダミを植えた。。。

そうです。

 

 

 

 

その母が昨夜、

指が痛くてボタンをとめられない。。。

と言いだしました。

 

見ると親指が少し腫れていたのです。

もしかしたら素手で草取りをしているので、

小さなトゲが刺さってふさがってしまったか、

傷にバイ菌が入ってしまったか。

 

医者にかかるほどでもないと思うけど少し腫れてるし、

高齢者はチョッとしたことでも悪化することもあるし、

どうしたものやら。。。

 

 

 

。。。と、

そこでドクダミ

ふと頭に浮かんだのです!

 

 

 

。。。ということで、

昔、祖母が私にしてくれていたことを思い出しながらやってみました。

 

 

ドクダミの葉をライターの火であぶる

②葉をもむ

③患部にはる

④上からカットバンテープで止める

 

 

とってもカンタンです!

 

ドクダミは殺菌作用もあるので、

①は必要なのかわかりませんが、

祖母がやっていたので一応やっておきました。

 

 

 

 

そして一日たった本日、どうなったかというと。。。

みごとに母の指の腫れがひいていました!

痛みもないようです。

ドクダミすご〜い!!

 

ただ、やはりトゲのようなものが刺さってふさがったようで、

あるポイントの奥の方だけが痛みを感じるようです。

ドクダミではトゲまで取ることはできないので、

こちらは様子をみることにします。

 

とりあえず自分でボタンを

止められるようになったのでまずは安心です。

 

ドクダミの実力が少しわかったうえに、

ホントに昔の人が大切にしていたこともわかって、

なんだかホッコリした気持ちになりました。

 

今度戻る時に

実家のドクダミを抜いて自宅に持って帰って、

庭に植えてみようかな。。。

な〜んて思ってみたりもしたのです。

 

 

 

今日も最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

ハルジオンが咲く頃、ユーミンの曲を思い出して



 

この季節、家のまわりでは沢山のハルジオンが目につきます。

 

ハルジオンとヒメジオン

どちらがどちらなのか全然区別がつかなかったのですが、

調べてみるとハルジオンはつぼみが下を向くらしく、

家のまわりに咲いているのは、

ほとんどがハルジオンだということが分かりました。

 

花言葉は「追想の愛」とか。

 

この花を見ていると思い出す風景があります。

 

 

 

19歳の頃、

 

通っていた大学の構内、

学生が少なくなった放課後で、

誰かが流していた松任谷由実のニューアルバム。

構内の広場に響き渡っていました。

その時、アルバムの中の一曲

ハルジョオンヒメジョオン」が流れてきたのです。

 

その可愛らしい曲名のイメージとは違って、

少し哀愁のただよう、

それでいて不思議な感覚のする詩と曲。

 

当時の私は自分の才能と将来に対して不安を感じていて、

同時に実家の両親のことでも悩んでいました。

前も後ろも右も左も、

自分の進む道を見出せず、

反面、まわりの全てがキラキラして見えていたのです。

 

その曲のタイトルと哀愁ただよう詩曲とのギャップが、

悩める当時の自分の心境とリンクしていました。

心の奥まで染み渡っていくようで、

ずっと石段に座って聴いていたのを思い出します。

 

 

若い頃、

きっとどんな人にも

ブルーな思い出はあるはず。。。

 

 

もしもアレからいろんな経験を重ねてきた

今の自分が声をかけれるとしたら、

どんな言葉をかけてあげれるのでしょうか?

 

 

例えどんなに優しい言葉をかけたとしても、

その頃の自分の前では

風にかき消されてしまうのかもしれません。

 

なす術を知らなかった頃だからこそ。

 

 

でも一つだけ声を掛けれるとすれば、

夢を諦めなくていいよ。。。ということでしょうか?

 

いくつになっても

自分が始めたいと思えば遅くはないし

前を向いて一歩ずつ進んでいきたい時がその時だよ。。。と

 

自分にとって本当に大事だと思えるものがあれば

きっといつか、そのタイミングは来るはず

 

 

 

そういえばハルジオンは

つぼみの時には下を向いているのですが、

花が咲く頃になると上を向くそうです。。。

 

 

今日も最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。