ねことらうさぎ

アート、植物、散歩、猫、パン、遠距離介護の合間にあれこれの日々を書いていきます。

MENU

ゲルハルト・リヒター展で想うこと

大きな4枚連作のその作品のまえで、

私は歴史のなかの事実の重みを

ただただ感じ立ち尽くしていました。

 

 

 

ゲルハルト・リヒター

という画家をご存じでしょうか?

 

 

代表作「ビルケナウ」

 

 

日本初公開のその作品にこめられた、

画家としての使命ともいうべきテーマとの向きあいかた。

 

それを感じたいと思い、

私は先日、

ゲルハルト・リヒター展に行ってきたのです。

 

 

ゲルハルト・リヒター展 国立近代美術館(東京竹橋)2022.6.7〜10.2

ゲルハルト・リヒター展は東京・竹橋にある
国立近代美術館で開催されています。

 

 

ゲルハルト・リヒター

1932年ドイツ東部の出身。

ドイツを代表する現代美術家であり、

現代美術史においても重要な作家のひとりです。

 

画家ではありますが、

油彩だけにとどまらず、

写真、デジタルプリント、ガラス、鏡など、

表現方法は多岐にわたります。

 

 

 

 

 

さて、

 

代表作「ビルケナウ」は、

 

ユダヤ強制収容所を主題に描かれた4枚の連作です。

 

ビルケナウ 2014年 油彩、キャンバス

ビルケナウ 2014年 油彩、キャンバス

ビルケナウ展示風景

グレイの鏡 2019年 エナメル、4枚のフロートガラス

 

ドイツ人画家であるリヒターにとって、

ホロコーストを表現することは避けては通れないこととして、

長年、試みては挫折をくりかえしたテーマだということです。

 

そして2014年、

 

リヒターは、

ビルケナウ収容所に収容されていた男性が

ひそかに撮影した4枚の写真をもとに、

キャンバスに模写を描き始めました。

 

ところがすぐに、

 

悲惨な状況のすべてを表現しきれるものではない

 

と、その上から自作の大きな横長のヘラで、

黒、白、赤、緑の絵具を重ねては削ることを何度もくりかえし、

下の模写した絵を覆いかくしてしまったのです。

 

ビルケナウは、

そういった説明がなければ、

ただの抽象画としかみえない作品です。

 

しかし、

タイトルと説明によって、

この抽象画は多くの意味をもつことに成功したように思われます。

 

 

歴史のなかの事実を、

まるで知っているかのように私たちは語ろうとします。

 

それらを知って、

なにかを語らなければいけない

意見をもたなければならない

 

 

そう思い込んでしまっているのかもしれません。

 

 

しかし、

ほとんどの事実を(現在の出来事においても)、

私たちはただ見聞きしているにすぎないのです。

 

そしてそれは、

誰かの意見をコピーしているだけなのかもしれません。

 

たとえその事実を知ったとしても、

すべて語り表現することを

しつくすことは出来ない。。。

 

 

しかしながら、

知ることから目をそむけてはいけない。。。

 

 

ビルケナウという作品を通して、

リヒターはそう語りかけているような気がしました。

 

 

では、私たちは事実を見聞きした時に、

どうすればいいのでしょうか?

 

もちろん、

 

かんたんに答えは出てきません。

 

でも、

たとえば、

 

 

事実をうけとめ、

ただありのままを深く感じること。。。

 

 

深呼吸をして。。。

 

 

情報量の多い現代の私たちは、

 

少し立ち止まって

ゆっくり

感じること

 

 

そろそろ

必要なのかもしれません。。。

 

 

 

 

 

 

 

4900の色彩 2007年 ラッカー、アルディボンド、196枚のパネル

 

アブストラクト・ペインティング 2000年 油彩、キャンバス

 

 

ヨシュア 2016年 油彩、キャンバス



モーターボート 1965年 油彩、キャンバス



8枚のガラス 2012年 8枚のアンテリオ・ガラス、スチール

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

皆さまが健康で、ここちよい日々を過ごされますよう。。。

 

 

 

展覧会の詳しい情報はコチラ↓

国立近代美術館公式サイト

https://www.momat.go.jp/am/exhibition/gerhardrichter/

  

 

ゲルハルト・リヒター展は国立近代美術館のあと、

2022年10月15日〜2023年1月29日

豊田美術館(愛知県)にて開催される予定です。

https://www.museum.toyota.aichi.jp/exhibition/gr_2022-23/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残暑に疲れた身体にしみわたる〜!

9月も半ばに入ってきましたが、

まだまだ暑い日が続いていますね。

 

先日は窓のすぐ外でいきなり、

セミが鳴きはじめたのでビックリしました。

 

セミも戸惑っているのかな?

いつまで鳴けばいいの〜?

。。。って。

 

とはいえ夜になると

庭からコオロギの声がきこえてきたりして、

 

中秋の名月も過ぎ、

確実に秋が進んできていますよね。

 

 

そんな我が家の庭では、

いまだシソの葉っぱが青々としげっています。

 

シソといえば夏のイメージ。

 

例年だと9月中旬の今頃には、

花も咲き終わって実をつけ始めてたんじゃなかったっけ?

 

。。。って思うのですが、

いまだ花をつける気配なし。

 

 

このシソ、

3年前にたった一本を庭に植えただけなのですが、

種がこぼれて年々ふえていきます。

 

来年には小さな庭中がシソで埋めつくされるのでは?

。。。って思うほどの勢い。

 

嬉しいことではありますが、

頑張って消費しないと。。。

 

 

と思っていたところ、

少し前にTVでジェノベーゼのシソ版、

シソベーゼが紹介されていたのを思い出し、

作ってみました。

 


ジェノベーゼでは松の実が使われますが、
今回のシソベーゼではクルミを使ってみました。

パスタに和えるときに、

冷蔵庫に眠っていた、

夏に主人が実家に帰省したときに買ってきた、

鮎のアヒージョを細かくして加えてみました。

 

シソとクルミと鮎

味に奥行きのある和のパスタになりました。

 

ナッツやオイルの組み合わせを、

いろいろと変えて試してみるのも楽しそう。。。

 

今年の厳しい暑さを乗り越えてきた身体に

沁みわたります。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

皆さまも元気に残暑を乗り越えられますよう。。。

 

 

 

 

 

  

 


十六兆 鮎アヒージョ 99g お正月 おつまみ 長良川産鮎 珍味 鮎料理専門店 パスタにも 清流長良川の恵みの逸品 GIAHS
 

病院で思わず見栄をはる89歳母の心情

 

先週まで埼玉から瀬戸内地方の実家に

遠距離介護帰省をしていたときのお話です。

 

***********************

 

母を病院に連れていった

「エーッ!!トラ子さんって89歳なんですかぁー!?」

 

病院の診察室のまえで、

イスにすわった母とカルテに書かれてある母の年齢を見比べながら、

看護師さんがビックリして声をあげました。

 

「見えないです〜。若さの秘訣って何なんですかぁ?」

 

看護師さんの質問に母のほほがポッと赤くなり、

さっきまで眠たそうにしていた目が、

キラッキラと輝きだしました。

 

「そうじゃなぁ。。。

やっぱり仕事で忙しくしてるからかなぁ?」

 

「わぁ〜、すばらしい!私も将来、絶対マネさせていただきます〜!」

 

 

 

 

先週、3ヶ月に一度のお薬をもらうため、

実家から車で30分の、

かかりつけの脳神経内科へ母を連れていってきました。

 

 

母が認知症と診断されて、

かれこれ7年。

 

この病院の脳神経内科には、

5年前から通っています。

 

ここの科の先生は

高齢者にていねいに向きあってくれると評判で、

いつもご高齢の患者さんでいっぱいです。

 

母がいただく薬は、

認知症の進行をおだやかにする貼り薬と、

血液をサラサラにする薬など数種類。

 

 

母の自慢?

さて、

診察を待っている間に看護師さんとの会話で、

すっかりご機嫌になった母。

 

看護師さん、さすがです!

 

 

そ〜なんです。

 

母はいまでも父の経営していた小さな工場で、

経理を一手にひきうけてバリバリやっていると

思っているわけなんです。

 

父は4年ほど前にたおれ、

いまは高齢者施設でくらしていて、

父の工場は閉めてしまいました。

 

 

母には毎日のように伝えているのですが、

そんなことは母の記憶に定着しないようで、

 

毎日、自分は父の工場に行っていて、

バリバリ仕事をしていると思っていて、

 

そして、

それが母の自慢なのか、

しょっちゅう人にその話をするのです。

 

 

母の本音

看護師さんとの会話で

テンションがあがった母。

 

でも、

そのあと母がこんな

本音を話し始めました。

 

 

ワタシね、何かしてるのが好き。

何もしなくていいって言われると、

「死ね」っていわれてるような気持ちになるんよ。

 

会社に行くと従業員から、

「邪魔しに来ないでください!」って追い返されるんですよ。

 

 

 

ハッとしました。

 

 

「邪魔しに来ないで。。。」

 

コレっていつも

私も姉たちも母に言ってることだよね。。。

 

 

邪魔しないで!

来ないで!

部屋で寝てて!

行っちゃダメ!

 

 

母の記憶の中では、

従業員が言ったことに置き換わっているようです。

 

 

娘たちの態度

認知症

とくにアルツハイマー型の認知症は、

新しい記憶はできないけれど、

 

嫌だ、悲しい、不安だなどの感情は

内容は覚えていなくても不安定になりやすく、

 

嬉しい、楽しい、気持ちいいなどの感情は

安心感として記憶に残る。。。

 

といわれています。

 

 

もちろん、

そういうことは

わかっているのですが、

 

 

親子ゆえの甘えというのでしょうか。。。

 

キツいことを、

つい母に対して言ってしまうのです。

 

その中には、

母が転んだりしないように、

遠くに行って危険に合わないように、

 

という気持ちから…というのもあります。

 

 

ここ数年のコロナ禍での遠距離介護で、

疲れがたまってきている。。。

 

というのは、

言い訳にしかならないですよね。。。

 

 

もちろん、

母も負けてはいません。

 

私たち娘に

反抗的な態度やことばで応戦してきます。

 

そのあとは、

忘れてケラケラ笑ってくれるので、

私たちもつい笑ってしまいます。

 

 

 

でも

母は不安だったんですよね。。。

 

 

どうすればいいの?

そのあと診察室に入ると先生からも、

 

「それって、家族のおもいやり(重い槍)。。。ですね〜!?」

 

と笑いながら、

母にヤリをつきさすマネをしながら、

チクリと言われてしまいました。

 

「そうですよね〜。。。」

 

と反省する私のよこで母は、

 

「先生、ワタシねぇ、

仕事が忙しくって毎日ゆっくりするヒマがないんよ〜!」

 

と天真爛漫に先生に

近況を伝えていたのでした。

 

 

まぁ、この明るさに

救われてるところもあるんですけれど、

 

同時に、

イラッとすることもある、

ワルムスメなんです。

 

 

。。。が、

 

 

最近、気になるのは、

母の言動や行動に問題が増えてきていて、

 

 

その原因をつくっているのは、

もしかしたら

私たち娘の態度のせいなのかな。。。?

 

 

な〜んて思ってる

この頃なんです。

 

 

一体どうしたものですかねぇ。。。

 

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

皆さまが健康に過ごされますよう!

 

 

 

 

 

 

 

早くも実家リターン。。。こんなところにコロナ後遺症!?

先日、

瀬戸内地方の実家に

埼玉から介護帰省してきました。

 

先月末に89歳で認知症の母がコロナに感染し、

私も濃厚接触者となったため

滞在期間が大幅にのびて、

 

7月は結局、

実家に3週間いたことになります。

 

その時のようすはこちらです↓

 

nekotorausagi.com

 

nekotorausagi.com

 

nekotorausagi.com

 

nekotorausagi.com

 

nekotorausagi.com

 

 

そして埼玉の自宅で2週間すごして、

 

先日、

 

また今月の介護が始まったワケです。

 

 

 

 

 

 

さて、

母はスッカリ元気になって、

デイサービスにも通常通り通っています。

 

コロナに感染して

10日間も隔離生活を送ってたことなど、

もちろん1ミリも記憶に残っていません。

 

後遺症もとくになし。

 

 

 

ただ。。。

 

 

ひとつ気になることが。。。

 

 

 

それは、

 

母が、

 

離れ家から母屋に来る時のことです。

 

 

 

ドアの外から

こう聞いてくるようになりました。

 

 

ワタシ。。。入ってもエエんだっけ?

 

 

 

 

10日間も

 

部屋から出ないで!

母屋に来ないで!

 

と言われ続けたせいで、

 

そんなところにだけ、

母の記憶が残っているなんて。

 

隔離生活が終わって

2週間以上もたつというのに。。。

 

 

 

まさにこれは、

 

母にとっては、

 

コロナ後遺症!?

 

 

 

よほどショックだったのかな〜?

 

。。。なんて思いながらも、

 

そんな母の可愛らしい態度に、

チョッと笑ってしまうワルムスメでした。

 

さてさて、

いつまで続くかな〜?

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

皆さまが健康でありますよう!

 

 

 

 

 

 

精霊と稲の大海原


日中の肌を刺すような陽射しから

夕方になると少し風も出てきたので、

大好きな土手に続く道を散歩しようと思いたって家を出た。

 

玄関を一歩出るといまだ暑い空気に

一瞬で身体の奥まで包み込まれるよう。

 

 

 

母のコロナ感染で実家滞在がのびて、

埼玉の自宅に戻ってきて、

かれこれ一週間が過ぎた。

 

 

お盆の時期ではあるけれど、

今年も感染者が多いことを理由に、

主人の実家へはいかず、

一人と一匹、お留守番。

 

といっても

義両親はすでにおらず。

主人が一人でお寺さんのお接待をする。

 

私もこちらから

お線香を手向ける。

 

この時期は

日本中で家族がつどい、

見守る先祖も家族のもとへと集う。

 

 

 

 

土手まで歩いて行くと

心地いい風が吹きぬけていき、

身体の奥にたまった暑い空気をぬぐいさってくれた。

 

土手のむこうの河川敷には、

一面の田が広がり、

 

暑い陽射しをたっぷり受けて

天にむかってそびえ立つ稲は

キラキラと輝いていた。

 

それはまるで

精霊たちを、

力強く、

そして優しく包み込む

大海原のように。。。

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

暑い毎日ですが、

皆さまのご健康をお祈りいたします。

 

 

 

 

 

高齢で認知症の母のコロナ感染闘病記(その④)―3日目からいっきに動き出した!



 

埼玉から瀬戸内地方の実家に介護帰省中。

 

母はコロナ陽性に、

私は濃厚接触者になり自宅療養中です。

 

これまでのことはこちらから↓

nekotorausagi.com

 

nekotorausagi.com

 

nekotorausagi.com

 

nekotorausagi.com

 

 

まずは、

 

母のコロナ自宅療養生活ですが、

10日の期間が無事に過ぎ、

昨日をもって解除となりました!!

 

10日間なんとか病状の急変もなく、

無事に終わってホッとしています。

 

 

第七波の現在は誰が感染してもおかしくない状況です。

 

認知症高齢者のコロナ感染の一例として、

参考になるかどうは分かりませんが、

一家族の記録としてお読みいただけましたら幸いです。

 

*************************

 

 

コロナ感染自宅療養生活3日目

今朝は母も私も平熱。

 

午前中に保健所から、

やっと電話がありました。

 

陽性になった母の件で、

発症時の状況と行動歴、

現在の病状の聞き取りのあと、

 

保健所で今後について決定し、

後ほどまた連絡します。。。

 

といって電話が切れました。

 

その後30分後に再び電話があり、

今後のことや注意事項、

母の問い合わせ番号などが伝えられ、

健康観察をするためのハーシスに登録して、

毎日、健康状態を入力してほしい。。。

といわれ電話が切れました。

 

ハーシスとは厚生労働省

コロナ感染者、状況把握・管理システムのことです。

 

私は熱はないものの倦怠感があったので、

登録できるかな〜。。。

と思いながら早速、登録しようとしましたが、

母のID番号で引っかかり登録できませんでした。

 

倦怠感もあり集中できないので、

ハーシスに登録するのは止めました。

 

 

午後になって少し元気が出たので、

ハーシスIDのことを保健所に問い合わせてみたところ、

教えてもらった受付番号ではなく、

ハーシス用のID番号は別にあるということでした。

 

ハーシス番号をお伝えしますね〜、

トラコさんのIDは○○○○○○○○です。

 

そーだったのか。。。

最初からそう言ってほしかった。。。

 

保健所のみなさん忙しいものね。。。

 

 

そして無事にハーシスにも登録し終え、

母の体温や健康状態を

毎日記入できるようになったのでした。

 

といっても保健所から毎日来る電話では、

ハーシスに入力した内容と

同じ内容の健康状態をきかれるだけなので、

はたしてハーシスに入力する意味はあったんでしょうか。。。?

 

 

 

自宅療養生活4日目〜5日目

保健所の電話をかわきりに、

その後いろんなことが動き出しました。

 

・3日目に姉から支援物資が届く

・療養4日目に保健所からパルスオキシメーターが届く

・療養5日目に保健所から二人分の食料など支援グッズが届く

 

もうこの頃には、

母も私も体調が落ち着きつつありました。

 

4日目に母が

微熱が出たり平熱になったし、

咳をすると胸が痛い。。。

ということがありました。

届いたパルスオキシメーターで測ると

酸素飽和度が93%

 

心配しましたが

翌日には咳も出なくなり

胸の痛みも訴えなくなりました。

 

 

その前日に母の状態を電話で伝えてあったので、

翌日、保健所からの電話で、

そのことについて聞かれました。

 

パルスオキシメーターをちゃんと測ってますか?

顔色や状態は悪くないんですよね?

その数値だと救急車をよぶレベルですよ!

この電話のまえで測ってみてください!

 

怒られてしまいました。。。

 

どうやら寝起きすぐだったり、

指が冷たかったりすると、

ちゃんと測れないようです。

 

保健所からは、

毎日違う方から電話がかかってくるのですが、

その日の担当者は

一番口調が厳しい方でした。。。

 

そんなところで、

保健所の大変さを垣間みることができたわけです。。。

 

でも。。。

だからって。。。

そんなに強く怒らなくても〜!(涙)

 

 

 

自宅療養生活6日目〜9日目

かかりつけ医からいただいた咳止め薬もなくなり、

母も私も、

日を追うごとに良くなっていきました。

 

張り紙のおかげで

部屋からあまり出ることもなくなったので、

次に心配になってきたことは、

母の筋力が衰えることでした。

 

 

そこで夕方、庭に出て、

一緒にラジオ体操をしよう。。。

と思いついたのです。

 

やってみると、

たった15分ほどでもリフレッシュするようで、

体操のあとには母の表情も明るくなって、

嬉しそうでした。

 

そのようすに手ごたえを感じたので、

療養終了日まで毎日、

母の状態をみながら朝夕に、

ラジオ体操や庭の散歩を一緒にしていったのでした。

 

 

おかげで解除日の昨日も今日も、

母は早速、

庭に出て草取りをはじめていました。

 

コロナ感染から復帰したばかりで、

転んで入院することだけは、

絶対に避けていただきたい。。。

 

そう思って、

嬉しいけどちょっと、

ハラハラしているわけなんです。

 

そう思いながら、

やっと長女にバトンタッチすることができ、

肩が軽くなったのでした。

 

 

最後までお読みいただきまして、

ありがとうございました。

 

皆さまが健康ですごされますように。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高齢で認知症の母のコロナ感染闘病記(その③)―2日目までがキツイ自宅療養生活



埼玉から瀬戸内地方の実家に介護帰省中です。

 

母がコロナ陽性に、

私は濃厚接触者となり自宅療養中です。

 

今までの様子はこちらから↓

nekotorausagi.com

 

nekotorausagi.com

 

nekotorausagi.com

 

母の自宅療養生活も、

本日9日目で最終日となりました!

 

今ではすっかりコロナ感染者という自覚ができている母。

自分の部屋で大人しく療養していてくれています。

 

数日前からは夕方に庭で

一緒にラジオ体操をしたり散歩をしたりして、

身体が弱らないようリハビリをしています。

 

第七波の現在は誰が感染してもおかしくない状況です。

 

認知症高齢者のコロナ感染の一例として、

参考になるかどうは分かりませんが、

一家族の記録としてお読みいただけましたら幸いです。

 

では、

療養生活2日目にさかのぼって、

その時の様子をお読みください。

 

*************************

 

コロナ自宅闘病生活2日目

今朝の母の体温は平熱。

咳は少しだけ。

 

母はというと、

 

ワタシ、コロナにかかったん?

そりゃあ世話かけるなぁ。。。

ありがとうな〜。

 

なんと、

 

テンシノトラコさま

 

だったのです!

 

 

 

。。。が、しかし、

それも長くは続かず、

1時間後にはワルトラが降臨し、

ダメと言っても部屋を出てウロウロ、

注意すれば反抗。

 

それもそのはず、

前の晩に飲ませた3回目の解熱剤が効いたのか、

一日中、熱が出なかったからです。

 

 

高熱がでると心配だし、

平熱だとウロウロするし。。。

母の触ったあとを除菌して歩かないといけないし。。。

 

張り紙の効果がないようなので、

書きかえてみました。

 

トラコ様

コロナに感染しています。

ひとに感染させるので、

部屋から出ないようお願いします。

           保健所より

 

 

この「保健所より」がきいたのか、

この日の母はウロウロはするものの、

この張り紙を見せると、

なんとなく納得してくれたのでした。

 

手間は同じなのですが、

反抗してこないので、こちらも怒らなくてすみ、

余分なエネルギーを使わずにすんだのかな。。。

 

なんて思います。

 

 

 

 

私の体調はというと、

あい変わらずで、

 

朝、微熱で身体がダルく、

市販の風邪薬をのんで午後には平熱に。

栄養剤を飲んだら少しずつダルさがなくなり、

なんとか動けるようになる。。。

という感じです。

 

 

保健所からは、

まだなんの連絡もありません。

 

メチャクチャ孤独。。。

無人島に認知症の母と二人っきり。。。的な。

 

 

とりあえず孤独と不安をうめるため、

ネットで情報を探しまくったのですが、

情報が多すぎて、

逆に不安が大きくなるばかり。

 

 

その中で一番、

参考になったのは、

実家の地元の自治体が

ホームページにまとめてくれていた、

 

自宅療養者の手引き

 

なるものでした。

 

 

 

・療養生活中の注意事項

・同居者の心得

・療養中の健康観察のしかた

・自宅での感染予防のポイント

・自宅療養期間

・そうじ、洗濯、ゴミ出し方法

・困ったときの自治体の連絡先

 

などなど、

わかりやすくまとめて下さっていたので、

何をすればいいのかが具体的にわかり、

読んでいて少しだけ安心できたのです。

 

これ、

いろんな自治体で、

同様のサイトが

ホームページにアップされてるのかな?

と思います。

 

 

不安といえば、

食料や感染対策グッズ、

備蓄していた栄養剤やビタミンゼリー、

経口補水液などが足らなくなるかも。。。

ということでした。

 

それも県外に住む姉が送ってくれることになり、

少し安心につながったのです。

 

こういう時に遠慮なく、

甘えられる誰かがいるということは、

本当にありがたいな。。。

 

って思いました。

 

 

生鮮食品については、

ネットスーパーなどで注文すればいいのですが、

そういう元気がまだありません。

 

とりあえず缶詰などが少しあるので、

実家にあるもので

何とかするしかないという感じでした。

 

といっても二人とも食欲があまりないので、

初日に作り置きしておいた

雑炊やご飯と煮物がメインです。

 

ここは普段から

食欲がない時のために、

ビタミンゼリーや栄養ドリンクなどを、

多めに備蓄しておいた方がいいかもしれませんね。

 

 

実は

この1日目、2日目が一番、

体調的にも精神的にもキツかったかもしれません。

 

ちなみに、

この療養日数のカウントですが、

症状が出た日をゼロとして、

翌日からカウントされるようです。

 

 

 

この続きは次回。。。

 

あと少しだけ、

よかったらお付き合いください。

 

 

最後まで読んでいただきまして、

ありがとうございました。

 

皆さまが健康で過ごされますよう。。。