ねことらうさぎ

アート、植物、散歩、猫、パン、遠距離介護の合間にあれこれの日々を書いていきます。

MENU

ちょっと息抜きした夏の午後

 

f:id:forest-river:20190724172458j:image

 

ツバメ様御一行、

実家の前の電線に整列して点呼中かな?

 

50羽程もいるのでは?

と思わせるくらいの群れが実家上空を旋回しているけど、

もしかして全員、うちの子ですか?

 

 

結局、ツバメが玄関に入っては来るものの、

巣の中に留まることもないので、

午前中に巣の下に敷きつめておいたビニールシートをはがし、

ツバメの糞がついた所などを綺麗に掃除をした。

 

これで晴れて今年の繁殖は終了といたします。

 

御一行様、お疲れ様でした!

 

 

 

 

母は今朝、デイサービスに機嫌良く行ってくれたのでホッとした。

 

朝7時に起きると母は、すでにベッドにはおらず、

いつからいるのか西の畑に探しに行くと生きがいの草取りをしていた。

いつものことなのでコチラもすっかり慣れてしまった。

 

昨年までの私たち姉妹は、母が家の中にいないと慌てふためき、

母が草取りに行きそうな畑という畑を東奔西走して探し回り、

母が見つかると心配の反動から、ものすごい剣幕で叱ったりしていた。

 

田舎あるあるで、

所有する田畑が家の周りに散在しているのでテリトリーは広い。

その分、高齢者が認知症になった時には、家族の心配も増えるというわけだ。

 

母は最近では決まって西の畑で草取りをする。

もう他の畑には行かなくなったので、こちらも安心して朝食が出来る頃に呼びに行く。

 

 

今回の帰省では

改修工事の職人さんが来ていて外出が出来ない分、

実家で過ごす時間が増えたせいで心に余裕があるからなのか、

母に対してイライラせずに済んでいる。

すると何となく母も落ち着いている気ような気がするのだ。

 

 

「まぁ、いいかぁ」という気持ち

 

必要なんだろうなぁ。

 

やはり

 

自身の心を縛っているのは

 

自分自身

 

なのかもしれない。

 

 

 

そんなことを考えていたらアッという間に午前中は終わってしまった。

 

 

午後からは地元にいる小学校時代の同級生達が訪ねて来てくれることになっていた。


f:id:forest-river:20190724170211j:image

 

玄関を綺麗にし、

裏山の畑に生えていたゴボウの花と

名前は知らないけれど、

やはり畑に生えていた山野草を採ってきて一緒に生けてみた。

 

こんな何気ないことが気分転換になる。

 

 

買い物には行けれなかったので、

台所にあったもので冷たいデザートを作ってみた。

寒天、牛乳、桃缶、黒糖で作った櫁をかけて、その名も「牛乳寒」。

子どもの頃の夏の定番。

 

 

同級生との久しぶりの再会。

小学校以来という子もいた。

義母の介護をしている子、介護の仕事をしている子、

離婚して地元に戻って来て親の変化に戸惑っている子など様々。

ウン十年がアッという間に縮まった。

 

そんな夏の午後の束の間のひととき…。

 


f:id:forest-river:20190724170320j:image