ねことらうさぎ

アート、植物、散歩、猫、パン、遠距離介護の合間にあれこれの日々を書いていきます。

MENU

記憶が続かない母の憂い


f:id:forest-river:20190726132831j:image

 

デイサービスのない本日の母の予定は、

10時〜12時 サロン

16時〜16時半 訪問リハビリ

 

それ以外のほとんどの時間を母は、

寝たり起きたり寝たり起きたり、時々ジョア……。

早朝と夕方は西の畑で草取りをして過ごした。

 

サロンというのは、

市からの補助金で月に1回、各地域の集会所で開催される高齢者向けの交流の場らしい。

100円を持って行き昼食用の簡単な仕出し弁当を食べながら、

おしゃべりや催しをして楽しむという。

高齢者の孤独化を防ぐための意味合いがあるという。

 

子供のいない私は普段住んでいる地域と特に深く関わる機会がないので、

実家の地域で両親の介護を通して知る社会活動は、ある意味新鮮だ。

 

それに母が認知症だということを伝えてあるにもかかわらず、

ご近所の方が毎月、母を誘いに来て下さるからありがたい。

デイサービスばかりではなく地域の方々と接することは、

母にとっても良いのではないかと思っていた。

 

 

 

ところが訪問リハビリが終わった頃に、

理学療法士さんからこんなことを言われた。

 

「今日のお母さん、最初はあまり調子が良くなかったようですね」

 

そういえば、母がお昼にサロンから戻った後、

ずっと寝たり起きたりしていた事を伝えていると、

 

「サロンに行くと疲れるんです。皆さんの話についていけないし、足手まといになってるんじゃないかと思って」

 

と母がポツリと言った。

 

「何か出来ない事とかあったんですか?」と療法士さんが尋ねると、

「いえ、出来ない事とかはないんですけど。でも昔はチャチャッと動き回れてたから」と母。

 

 

サロンでは母の顔見知りの方達ばかりが参加されているようだけど、

デイサービスと違って皆さん、記憶がしっかりしているだけに、

母が見当違いの受け答えをすると怪訝そうな顔をする方もいるようなのだ。

 

記憶が続かない母にとっては、

周りの人たちが何の話題をしているのかが分からなくなってしまうらしい。

 

そういえば以前、

両親の代わりに地域の集会に出た時に同級生のお母さんから、

「サロンでお母さんと話しをしても噛み合わないから話したくないの」と

面と向かってハッキリと言われたので驚いたことがあった。

 

以前の母はシッカリ者で、地域の集会などでは率先して動き回り、

周囲からも頼りにされる存在だった。

当然そういう母を、当時は面白くないと思っていた方もいただろう。

 

 

母のように例え記憶が続かなくても、

「嫌だ」とか「不安だ」と思う感情は残るということがわかった。

 

 

 

思わぬ母の心の奥に触れて、

なんとなく切ない気持ちになってしまった…。

 

 

 

来月からのサロン、

 

どうしたものかなぁ。。。