ねことらうさぎ

アート、植物、散歩、猫、パン、遠距離介護の合間にあれこれの日々を書いていきます。

MENU

色いろの秋

 

自宅の2階から先っぽだけ見える、

近所の公園の木々が色づいているのがズッと気になっていたので、

チョッと行ってみることにしました。

 

 

赤や黄色の色とりどりの落ち葉にワクワク。

つい夢中になって

アレやコレやと拾ってしまいました。

 

 

落ち葉を掃除するのは大変なんだけど、

自然がこんなに華やかになるのを見ることができるのって、

一年のうちで今だけなんですよね。

 

 

毎年、この色をとどめておきたいなぁ。。。

と思いながらも、

なかなか実行にうつせなかったのですが、

 

サクラ、イチョウ、ポプラ、他/ガッシュ

 

やっと描くことができました。

 

とはいえ、

 

作品を制作するにはまだ期が熟していないので、

 

 

ユリノキガッシュ

 

いまは

 

ひたすら、

葉っぱと向き合って、

対話を重ねて、

 

再現性と

感性の訓練あるのみ。

 

色がうまく出ないなぁ。。。

筆が思うように使えない。。。

 

あ〜、もうイヤ!

 

 

。。。と落ち込んでたら、

 

途中から気がつきました。

 

 

そうだ!

 

自分が感じたように描けばいいんだ。。。

 

 

そしたら不思議と楽しく描けました。

 

 

上手とか下手とか、

本物そっくりとか、

 

そういうことではないのですよね。

 

一番は、

自分が楽しいと思えること。

 

 

だって、

決まりなんて

あるようでないんですものね!

 

決めているのは自分。

 

でも、それを破れないのも自分。

 

なんですよね〜。。。

 

 

 

 

 

水彩画のような夕焼けがとてもキレイでした。

 

今日も一日、ありがとう!

 

またね!

 

 

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

 

皆さまの明日が、よき日でありますように!

 

 

 

 

父にも問題行動が出てきた

           クマトラ日誌              

 

実家の介護について、

母のことをお話しする機会が多いのですが、

実は父も、まだ元気です(笑)。

 

とはいえ父(クマこと熊吉)は、

4年前に脳梗塞で倒れ、

後遺症と認知症があって施設に入居中。

 

父の入居している施設では、

コロナ禍に入ってからは、

対面での面会を厳しく制限していました。

 

とくに私たち姉妹は三人とも他県、

しかも感染者がとくに多い地域からきているので、

この3年はアクリル板越しでさえも、会うことはできなかったのです。

 

 

その父クマと先日、

3年ぶりに会うことができたんです。

 

母は夏にコロナに感染後、

問題行動が増えてきたのですが、

 

実は施設にいる父も、

2月にコロナ感染した後から、

問題行動が増えていたんです。

 

施設のスタッフのお話によると、

 

夜中の徘徊・・・他の利用者さんの部屋にも入っていく

せん妄・・・これは入居時からなのですが。。。

誤飲・・・着ている下着などをかんでボロボロにする

     ボタンを飲む

小食・・・ご飯しか食べなくなった

暴力・・・夜中スタッフの方に壁ドン少々

    (寝ているところを急に起こされた?)

その他・・・リハビリパンツを破いてトイレに流す

 

 

上記の暴力以外は、

ほぼ毎日ということなので、

さすがにスタッフの方たちも困っているようすで、

 

「病院で検査をうけていただけますでしょうか。。。。」

 

ということになったわけです。

 

 

父と母の主治医は同じなので、

母も一緒に連れていくことにしました。

 

父と母、二人の面倒を一人で見ることは、

と~~っても疲れるので(笑)、

 

姉が交代で来るころにあわせて、

総勢4名で病院に行ったわけです。

 

しかし、

 

いやはや。。。

疲れました。。。

ヘトヘト。。。

 

母トラのハシャギっぷりったら!!

 

元気で二人暮らしをしていたころは、

父があまりにもうるさい人だったので、

母は父のことを嫌っていたのですが、

 

見ていて可笑しいくらい

母はアレコレと、

父の世話を焼いていました。

 

「お父さんはこの後、どこへ帰るの?」

 

と母がきくので試しに、

家に連れて帰る?

と聞くと、

 

「もういい。面倒くさいから」

 

と冷たいことをいうので、

また笑えます。

 

 

 

結局、

 

父は脳の検査をしたのですが、

特に新しい脳梗塞などはできておらず、

脳の萎縮も年相応ということでした。

 

ということで、

父の問題行動はどこからくるのか、

分からない。。。ということになります。

 

先生も

「。。。で、どうしてもらいたいんですかねぇ?」

と首をかしげていたわけで、

 

こちらも父の問題行動は4年前と同じく、

脳梗塞からくるものだとばかり思っていたので、

どうしていいやらサッパリです。

 

とりあえず、

様子をみるということで、

次回の予約をとりました。

 

 

施設的には一体どうしてもらいたいのでしょうか?

 

 

 

その結果を父を施設に送り届けたときに、

スタッフの方に伝えたのですが、

なんとなくシックリこないようす。

 

そして次のことばに

思わず絶句してしまいました。

 

「たとえば、お薬とか。。。?精神科を紹介していただくとか?」

 

ハッ。。。?

。。。そういうこと?

。。。。。。。。。。

 

 

この話は多分、

まだまだ続くと思われます。

 

また次回、

ご報告できればと思っています。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

皆さまの毎日に笑顔があふれますように!

 

 

問題行動がふえてきた



埼玉より瀬戸内地方の実家に介護帰省中です。

 

今回の母の見守り介護も終わりが見えてきました。

 

毎夜、母が寝室に行ってくれたあとは、

やっと自分だけの時間が訪れたような

ホッとした気持ちになります。

 

 

 

さて、

先日の晩のことです。

母が寝て1時間ほどたった頃だったでしょうか?

 

私は台所でリラックスしてTVをみていました。

 

 

ふいに寝ていたはずの母が台所にやってきて、

こう言いはじめたのです。

 

「私のところで一緒に寝とった子どもがおったでしょう?」

 

。。。。。。。

は。。。?

 

 

「どこいったんかなぁ。。。思うて?。。。しりません?」

 

母をみると目がすわっていました。

 

 

お母さん、ここはどこか分かる?

 

「。。。さぁ?どこでしょうか?ここは私の家じゃないんですよ。

私、いつも子どもをたくさん連れてアチコチ行ってるでしょう?」

 

ていねいな言葉で話してくるので、

私が娘だと思ってるのか心配になりました。

 

私のこと誰だかわかってる?

 

「。。。誰ですかなぁ?知りませんなぁ。。。」

 

 

マジですか!!

 

ちなみに、その子どもって、歳はいくつぐらいなんですか?

 

私も丁寧にきいてみました(笑)。

 

 

「一番小さい子で3歳ですかねぇ。」

 

なんて名前なんですか?

 

「ヨーコいうんです」

 

笑えます。。。

 

へぇ〜、偶然ですね。私もヨーコっていうんですよ〜。

 

「。。。へっ!!!?」

 

そういってみたところ、

母は固まってしまいました。

頭が混乱したようです。

 

「。。。なんか、よう分からんように。。。なってしもうたわ。。。」

 

そうブツブツいいながら

やっと母は寝室にもどっていきました。

 

 

 

これはほんの一例にすぎません。

 

母は以前からときどき、

寝起きなどのタイミングで、

自分や状況がわからなくなるようなことがありました。

 

それがここ2、3ヶ月、

こういった「せん妄」といわれるような状態や行動が、

とくに増えてきたような気がします。

 

「せん妄」とは

脳が軽い意識障害をおこしている状態で、幻覚や妄想にとらわれて興奮、錯乱といった気分や情緒の異常が一時的に引きおこされる精神機能の障害です。

詳しく知りたい方はこちらをご覧ください↓

www.tyojyu.or.jp

 

 

それは、もしかすると、

7月にコロナに感染した後から増えたような。。。

そんな気がするのです。

 

その時の様子はこちらから↓

nekotorausagi.com

 

 

母の中でなにが起こっているのでしょうか?

 

 

母が認知症になり始めた

7年前にも思ったことでした。

 

認知症によって、

自分の知っている母とはちがう母に

次第になっていったときの動揺。

 

いまはそんな「動揺」とまではないのですが、

 

 

 

母トラが、

 

 

また少し遠くにいってしまったような。。。

 

 

なんとなく、

 

 

そんな気持ちなんです。。。

 

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

皆さまが後悔のない毎日をおくられますように。。。

 

 

 

秋日和、レモングラスと母の天日干し

 

埼玉から瀬戸内地方の実家に介護帰省中です。

 

実家の辺りも朝晩は冷え込むようになってきましたが、

日中は晴れることが多く、

まさしく秋日和

 

ポカポカと陽射しが気持ちいいこと。

 

デイサービスがないこんな日は、

89歳の母トラにとっては

かっこうの草取り日和です。

 

しかしながら先日、

早朝から、どこで何をしていたのか、

私が朝起きた時に

 

手首が痛い

 

というではありませんか。

どこかで転んで手をついてひねったのかも。

 

どうやら右の手首を痛めたようで、

触ると熱をおびていたので湿布を貼って様子見です。

 

 

そんなことがあったので、

あまり草取りでウロウロさせたくないのです。

 

 

朝食後はさっそくウロウロしたそうにしていたので、

食器の洗い物を頼んだり、

洗濯物を干してもらったりとお仕事をしてもらいました。

 

もう干したり洗ったりは

昔のようにキチンとはできない母ですが、

こんな日はもちろん大目にみます。

 

それも終わってしまったので、

裏庭でウロウロのエンジンがかかり始めた母。

 

マズイ。。。

どうにか気をそらさないと。。。

 

 

そこで思いついたのが日光浴です!

 

台所から出た裏庭にちょうど陽が当たって暖かいので、

そこにイスを出したら

大げさに喜んで座ってくれたので一安心です。

 

 

台所のお勝手口を開けておくと

座っているようすが見えます。

 

その間に私は台所で作業をすることにしました。

 

 

裏庭に数年前に姉が植えたレモングラスがあり、

それがこの夏の猛暑で今までになく大きく葉を茂らせました。

 

 

それを先月、全部刈って陰干しをしておいたのです。

 

 

全部で12束分もあって

全部乾いてそうだったので

そのうちの3束分をチョキチョキしました。

 

 

残念ながら根っこの太いのは生乾きだったので、

ザルに広げて干しなおすことにしました。

 

裏庭の母は麦わら帽子をかぶっていたので、

チョキチョキが終わるまで

気持ちよかったのか途中からうたた寝してたようです。

 

おかげで母がウロウロして、

どこかで転んでいないか心配することなく、

安心してひと作業を終わらせることができました!

 

 

とはいえ、いつもこのように上手く、

こちらの誘導に乗ってくれるとも限らない、

気まぐれな母トラなのが悩ましいところです。

 

 

何はともあれ、

今日は平和にすごせて良かったよかった!!

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

皆さまが毎日を平和に過ごせますように。。。

 

 

89歳母は宇宙人?



 

埼玉から瀬戸内地方の実家へ

先週末から介護帰省中です。

 

 

前回のブログでも書いたのですが、

相変わらず時間の流れの早さを感じています。

 

右を向いて左を向いたら、もう10日!?

 

 

いやいや、

ホントにそんな感覚です。

 

 

そんな私なのですが、

 

 

帰省途中の新幹線から景色をながめていたときに、

 

もしかしてUFO?

と思われるようなものを見てしまったんです!

 

人生初!

 

 

。。。。。。

 

 

夢を見ていたのかもしれませんね〜。。。

 

 

 

 

しかし、

 

実家にきてみたら、

なんと、

 

すでに宇宙人がいたではありませんか!?

 

 

89歳、明るすぎる認知症

 

その名も寅子、通称トラ。

 

 

わが母です。

 

 

その母トラが、

その日はとくに

テンション異常に高めでした。

 

 

就寝後は30分ごとに起きだして、

家の中をウロウロ。。。

 

もしかすると朝まで寝なかったのでは?

 

私も長旅(そのうえUFO)で疲れていたのに、

母が部屋から出る物音がするたびに目が覚めてしまい、

母を連れ戻しに行ったりもしたので、

とうとう明け方まで眠れませんでした。

 

まだ次女姉がいてくれたので、

翌朝はありがたく寝坊させてもらえたのですが、

それでも寝不足になりました。

 

そんな私をよそに、

姉によると母は早朝から起きてきたそうなので、

やはり、ほとんど寝ていなかったのかもしれません。

 

かといって母は日中も昼寝をするどころか、

庭や家のまわりをウロウロしたり、

草取りなどを一日中したりしていたのです。

 

私は寝不足で眠たいのに、

母がウロウロするので昼寝もできず、

頭がもうろう。。。

 

「もうお昼寝にしたら?」

といっても眠くないの一言。

 

一体このパワーはどこからくるの?

 

 

やはり、

 

母は宇宙人?

 

 

私が見たかもしれない、

あのUFOにはトラが乗っていたのかもしれません。。。

 

 

ん?

 

ということは、

 

私も宇宙人ってこと?

 

 

アラアラ。。。

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

 

皆さまが楽しい日々を過ごせますように!

 

 

 

秋の夜長、宇宙について興味をもってみませんか?

のびのび〜〜〜!

 

 

前回のブログからなんと、

2週間がたってしまっていました!

 

最近、以前にもまして、

時間の過ぎるのが早く感じられています。

わたしだけでしょうか?

 

たしかに、

むかしからノンビリとし過ぎた性格で、

めいっぱい急いでいても、

 

落ち着いてるね。。。

 

といわれるような感じでしたが、

 

それにしても、

なんだか気持ちだけワチャワチャしているのに、

 

エッ!?もう夕方?

 

ってなって、

 

家事のほか何もできてない。。。

でも、もう夕食つくらなきゃ!

 

。。。むなしい。。。

 

 

という毎日を過ごしていました。

 

 

先月の実家での忙しさの反動でしょうか?

 

 

それとも、

これはやはり、

自分の能力のせいなのか。。。?

 

と思ってみたり、

いやいや秋だもの

と季節のせいにしてみたり。

 

 

猫がトイレを片付けろ、

次は飯じゃ、

蛇口から水飲ませろ、

寒いだの、なでろだの。。。

 

まぁ、それは可愛いから許すけど。

 

 

 

秋の移ろいを感じれる、

いい季節にもかかわらず、

なんだかもったいない時間の過ごし方。

 

 

そうこうしているうちに、

また実家に帰省する日が訪れてしまう。。。

 

 

気持ちだけがあせっていきます。

 

 

 

ここらで、そろそろ、

 

 

のびのびのび〜〜って、

 

 

心機一転したいものなんですよね〜!

 

 

はてさて。。。

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

皆さまが充実した毎日を送れますように。。。

 

 

 

 

 

心を亡くしてしまわないように。。。


埼玉から瀬戸内地方の実家に先週より帰省中です。

 

今回の帰省では、

するべきことが多すぎて、

 

忙しく日々を過ごしていたので、

気がつけば早くも

滞在期間の終わりが見えつつあります。

 

なんてことでしょう!

 

 

タイトルにも書いたように

心を亡くさないようにしないと。。。

 

しかしながら、

もうすでに、

心を亡くしかけていたかもしれませんね。。。

 

 

 

先週のことで恐縮ですが、

お彼岸にぼた餅を作りました。

 

実家では昔から、

アンコの他にきなこのぼた餅も作ります。

 

子どものころは

ただ砂糖の入ったきなこをまぶしただけでした。

 

そしてそれを何と、

昼食や夕食として家族で食べていたんです。

 

他のご家庭ではどうだったんでしょうか?

誰にも聞いたことがないのでわかりません。

 

今回はきなこのぼた餅の中に

アンコをいれて作ってみました。

やはり、そっちのほうが美味しいですよね。

 

そしてやっぱり、

昼食、夕食として母といただきました。

 

ごはん代わりとして食べると、

中にアンコをいれたきなこぼた餅は

チョッと甘かったかな〜?

 

 

そういえば、

ぼた餅とおはぎ

この違いってなんだっけ?

 

89歳、認知症の母に聞いても

 

「さぁ〜???」

 

ごめんなさい、聞くだけムダでしたね!(笑)

 

 

違いはわかりませんが、

お彼岸にぼた餅をつくるのは、

ご先祖がそれを食べてチカラがつくから。。。

 

といわれてるそうですよ。

 

なので、

買ってきたり作ったり、

どちらでもいいと思うのですが、

 

いただく前に、

「ご先祖さま、皆さまで召し上がってくださいね」

と言ってからいただくといいとか。

 

昔むかし、

そんなことを

祖母から教わったものです。

 

 

お彼岸にこんなことを思い出しながら、

少しほっこりしつつ、

ご先祖に手を合わせたのでした。

 

忙しい現代で、

ムダと思われているようなこと。

 

たまには考えて、

やってみたら、

心も亡くさなくてすむのかな。。。?

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

皆さまがほっこりと日々を過ごせますよう。。。