ねことらうさぎ

アート、植物、散歩、猫、パン、遠距離介護の合間にあれこれの日々を書いていきます。

MENU

「言うことを聞け〜〜〜っ!」とダダをこねる父

日曜日の午前中に母を連れて父の居る老人ホームに行ってきた。

 

相変わらず母は父がどこに居るのか分かっていない。

 

「え?お父さん、あの病院に入院しとるんだっけ?」

「あ、あそこを右だったな?あら、違う?え?ほんならどこにおるん?」

「あ、ここを曲がったところじゃろ?ありゃ、違うんかな⁉︎」

「あ〜そうそう〜、この病院な、見たら思い出したわ!」

 

。。。って老人ホームまでの道中、

車の助手席で毎回、同じ場所で同じことを言うから笑える。

それに老人ホームだということが、どうしても記憶に定着しない。

 

 

 

父のおやつやジュースの買い置きを途中のスーパーで買い込んで、

老人ホームに着いたのは11時だった。

 

おやつやジュースは父の部屋に置いておくと

父があっという間に平らげてしまうので、

職員に渡して管理してもらっている。

 

父の帯状疱疹は左の側頭部全体に出ていたのだが、

薬のお陰で随分乾いてきているようすだった。

 

持っていった果物ゼリーを食べ終わると、

父は兄弟会の話をしてきた。

見ると父の手には先月、私が職員に渡した兄弟会の日程メモがあった。

 

少し前に父の弟であるオジが面会に来てくれた時、

父を励ます意味で「兄弟会をしよう」。。。と提案したらしい。

それ以来「兄弟会、兄弟会」とひつこく父がいうので、

仕方なくセッティングをして(結局は準備も含めて全ては私達娘がやらないといけない)、

来月初旬にする予定であったのだが、

父の帯状疱疹やら他にも地域の予定も重なったこともあって、

10月に延期することになったのだ。

 

私「お父さん、兄弟会はねぇ、10月に延期になっちゃったのよ」

といってメモの日程に✖️をして、新しい日程を書き加えた。

 

父はメモをジーッと見た後、

父「ツネさんのところに行かんといけん。。。」

   「車で来とるんじゃろう?今からツネさんのところに行こう」

ツネさんというのは父の妹のご主人である。

 

私は何でそんなことを急に言い出すのか、その時はサッパリ分からず、

私「これからすぐに昼食よ。急に行っても昼間は出かけてて居ないらしいよ」

父「電話かかってきたん?」

「うん、電話かかってきてそうオジさん言ってたわ」

 

私も父を連れて外出など面倒くさいことになりたくないので、

嘘をついてまで必死である。

 

父「じゃから今からツネさんの所に行こう」

 

何を言っても「行く」と言う。

 

父は昨年春に脳梗塞で何度も倒れ、

その時に脳を検査した結果、前頭葉型の認知症もあると医者から言われた。

 

こだわりが強く実現するまで言い続けるのは前頭葉型の特徴の一つなのだ。

 

 

 

そのうちに段々と父の目が三角になってきた。

いつもならアレコレ言う母も不穏な空気を感じて横で黙っている。

あらら。。。来るか、来るか?

 

父「ワシの言うことを聞け〜ようろうがぁ〜(言ってるんだ)!」

 

f:id:forest-river:20190827203648j:image

 

 

キターーーーーッ!

 

私「ハイハイ、お母さん午後からリハビリの先生が来るんだよねぇ?」

母「あ?そうだった、はよ帰らんといけんな!」

私「じゃ、また来るね〜。。。お父さんもお昼ご飯だよ」

 

父「待てーーーー!まだじゃ、連れて行けーーーーー‼︎」

 

ガタンゴトン(立ち上がろうとする父。。。しかし歩行器なしでは歩けない)

 

私は職員さんに目配せしてエレベーターに乗ったのだった。

 

ヤレヤレ。。。

 

 

 

怒りやすいのも前頭葉型の認知症の特徴の一つ。

 

こうなると手を付けられなくなる。

可哀相に思うかもしれないが、

退散するのが一番なのだ。

そうでもしないと父の要求はエスカレートしていく。

そしてドンドン興奮していく。

この一年、学んだことだった。

対処法として11時前後に面会に行くのが一番と悟った私達姉妹。

 

ここのところ落ち着いてた父だったんだけどなぁ。。。

 

 

 

「もう。。。面倒くさいお父さんじゃ〜!」

 

と母が吐き捨てるように言ったので笑ってしまった。

 

 

昼食を外で食べて家に着いた頃には、

母の記憶から父に会ったことは、すっかり掻き消されていました。。。とさ!

 

めでたしめでたし?

 

 

そういえば父がツネさんの所に行きたがったのは、

兄弟会の日程変更を伝えなきゃ。。。と思ったからなんだね。

 

。。。とブログを書きながら今、理解した悪娘なのでした。

 

こだわりの強い父への伝え方は難しい。。。